舘で小南

気分障害の一種であるうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、強い憂うつ感、不眠強い倦怠感、疲労感、食欲の低下、体重の減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症になると自殺企図などの様々な症状が出現します。
「常に時間に追われている」「上っ面だけの様々なお付き合いが嫌い」「あらゆるテクノロジーや情報の進化になかなか付いていけない」など、ストレスが溜まる素因は人によって違います。
スギの花粉が飛散する春に、幼いお子さんが体温は平常なのにクシャミやずっと鼻水が出続けているような状況だったなら、もしかしたら杉花粉症の可能性があります。
脂溶性のビタミンDは、Caが吸収されるのを助長するという特徴で知られており、血中のカルシウムの濃度を調節し、筋肉の動き方を適切に操ったり、骨を作ります。
基礎代謝量は睡眠中ではなく目覚めている状態で命を保つ(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに必要な基礎的なエネルギー消費量のことを言うのです。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失効した後に発売され、まったく同じ成分で経済的な負荷の小さい(クスリ代の廉価な)後発医薬品のことを指します。
我が国における結核対策は、1951年施行の「結核予防法」に沿って進められてきましたが、半世紀が経過した2007年からは他の数多ある感染症とまとめて「感染症予防法」に沿って遂行されることに決定しました。
肥満(obesity)というのは前提として食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が素因ですが、同量のごはんであれ、せっかちに食べ終わる早食いをすることによって脂肪過多に陥っている肥満を招きやすくなるようです。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、3~4日ちゃんとお薬を飲めば、全般的に多くの患者さんの自覚症状は消えますが、とはいえ食道の粘膜の炎症反応そのものが治癒したとは言い切れません。
お酒に含まれるアルコールやお薬、化学的な食品添加物等を特殊な酵素で分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓が担っている非常に大事な役割分担の一つだということは間違いありません。
厚木市で交通事故無料相談の弁護士を探す時に必見です!
500以上もの働きを持つ肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化脳梗塞などのありとあらゆる疾患の原因となる可能性があります。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に存在する血糖値に深く関与しているβ細胞が損傷を受けてしまうことが原因となり、その膵臓からはインスリンがほぼ出なくなってしまって発症してしまう生活習慣とは無関係の糖尿病です。
近年患者数が増加している花粉症とは、杉や檜、松などの大量に放出される花粉が誘因となって、くしゃみ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として認識されています。
内臓脂肪過多による肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2~3項目相当する状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と称しています。
様々な花粉症の緒症状(水っぱな、鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、そのために睡眠不足になり、次の日起床してからのすべての活動に思わしくないダメージを与えることも考えられます。